オイスターソースとウスターソースの違い。代用できる?

Sponsored Link

オイスターソースとウスターソースの違いが良く分からないという人も多いようです。

また、オイスターソースとウスターソースは代用できるのでしょうか?

ソースを英語表記すると「sauce」になります。

ソースは、他の食品に添えたり調理に用いられる中間的な調味料です。

ソースは単体で使われることはありません。

液状・ペースト状になっていて、他の料理に風味・水分・装飾を加えるのに使われます。

「sauce」はラテン語では塩味を意味しています。

ソースは醤油のように調理に使われています。

一般的なソース商品は、ガラス瓶・プラスチック製のボトル・パックに入れて販売されています。

サラダ向けソースはドレッシングと呼ばれています。

世界中の料理でもソースは基本的な調味料です。

西洋のソースの種類には、

・ホワイトソース・ブラウンソース・ベシャメル系ソース

・乳化ソース・バターソース・トマトソース・オイルソース

・生野菜みじん切りを含むソースなどがあります。

 

次に、オイスターソースとウスターソースの違いや、オイスターソースとウスターソースの 代用について紹介します。

 

オイスターソース

 

cooking_oyster_sauce

 

オイスターソースのウスターソースの違いが分かるために「オイスターソース」の概要を紹介します。

オイスターソースは「牡蠣油」とも呼ばれています。

オイスターソースは広東料理でよく使われるカキを主原料とする調味料の一つになります。

カキを塩茹でした際にでる煮汁を加熱濃縮して、小麦粉・デンプン・砂糖・うま味調味料などで調味したものです。

オイスターソースは、メーカーによって風味や粘度に違いがあります。

独特の風味とアミノ酸・核酸のうま味やコクなどの特徴があります。

広東料理をはじめとする中華料理にオイスターソースが広く用いられています。

オイスターソースは、炒め物や煮込み料理などによく用いられるようです。

次に、ウスターソースのこと、オイスターソースとウスターソースの代用について紹介します。

 

ウスターソース

 

kohacu_com_000734_20180303-300x300

 

オイスターソースとウスターソースの違いが分かるために「ウスターソース」の概要を紹介します。

ウスターソースは、「ウスターシャソース」や「ウースターソース」とも言われます。

ウスターソースは、野菜や果実などのジュース・ピューレなどに食塩・砂糖・酢・香辛料を加えて調整・熟成させた液体調味料になります。

日本では、「中濃ソース」や「濃厚ソース(とんかつソース等)」もウスターソース類として扱われています。

日本でのウスターソースは、各種粘度が定められています。

日本語で「ソース」と言った場合は、一般的にはウスターソース類全般のことを指しています。

通常の「ウスターソース」は、ウスターソース類の中でも粘度の低い製品を指すことが多いようです。

次に、オイスターソースとウスターソースの代用について紹介します。

 

オイスターソースとウスターソースの代用

 

オイスターソースは「牡蠣油」とも呼ばれています。

中濃ソースや濃厚ソースなどのウスターソースは粘度に違いがあります。

オイスターソースとウスターソースの代用について紹介します。

オイスターソースに酢を足してウスターソースにすることもあるようです。

ウスターソースに砂糖・はちみつを加え調整してオイスターソースにするというレシピもあります。

オイスターソースとウスターソースでは原料が元々全く違うので、同じ味にはなりません。

オイスターソースやウスターソースに似た違うレシピとして楽しめます。


PAGE TOP