ターメリックとサフランの違い。代用はできる?

Sponsored Link

ターメリックとサフランの違いが分かりますか。

ターメリックはカレー粉に使われているので、料理つくりをしている女性には広く知られています。

サフランは香辛料や生薬に使われています。

ターメリックとサフランの違いを知っていれば、美味しい料理つくりに役立ちそうです。

また、サフランとターメリックの代用方法も知っていれば料理つくりに役立てられますね。

 

次に、ターメリックとサフランの違い・サフランとターメリックと代用について紹介します。

 

ターメリック

 

51-3EtheytL

 

ターメリックとサフランの違いを分かるために「ターメリック」の概要を紹介します。

ターメリックの英語表記は「turmeric」になります。

ターメリックの和名は「ウコン」です。

ウコンの漢字表記には「鬱金」・「欝金」・「宇金」などがあります。

ターメリック(ウコン)は、ショウガ科ウコン属の植物になります。

ターメリック(ウコン)の原産地はインドで、紀元前からインドで栽培されています。

ターメリックは、伝統医学のアーユルヴェーダやインド料理に使われています。

ウコンの根茎に含まれるクルクミンは、黄色い染料の原料としても広く用いられてきています。

ターメリック(ウコン)は、今日ではスパイスとして広く知られています。

日本では、カレー粉に使われたり、二日酔い対策ドリンクに使われています。

二日酔い対策ドリンクにターメリック(ウコン)が使われるのは、クルクミンの肝機能への影響を期待しているからです。

次に、サフランのこと・サフランとターメリックと代用できる?の紹介をします。

 

サフラン

 

spicemix

 

ターメリックとサフランの違いを分かるために「サフラン」の概要を紹介します。

サフランはアヤメ科の植物です。

園芸用のクロッカスとサフランは同じ仲間になります。

サフランの「めしべ」を乾燥させて香辛料や生薬として使います。

サフランは、ほのかで独特の上品な香りがあります。

南ヨーロッパ・南アジア北部・中央アジア・西アジア・北アフリカにかけての料理では、色付けや風味付けのための香辛料として使用されています。

10gのサフランを得るには1500本以上の花が必要だとされています。

現在でも、伝統的な製法による製造なので高価なスパイスになっています。

サフランは魚介の料理によく合います。

サフランを使った代表的な料理には、スペインのパエリヤ・南仏のブイヤベース・イタリアのサフランのリゾットなどがあります。

次に、サフランとターメリックと代用について紹介します。

 

サフランとターメリックと代用

 

ターメリックとサフランの違いを知っていれば料理に役立てられますね。

サフランとターメリックは代用できるのでしょうか。

サフランの特徴の鮮やかな黄色の色付けだけならばターメリックで代用できます。

サフランが持っている独特の香りや風味を代用することはできません。

また、サフランが持っている生薬としての働きも代用はできません。

サフランは「番紅花(ばんこうか)」と呼ばれて、鎮静・鎮痛・通経作用があるとされています。

サフランは、日本薬局方第二部に収録されています。


PAGE TOP