パンケーキミックスとホットケーキミックスの違い。代用できる?

Sponsored Link

パンケーキミックスとホットケーキミックスの違いが分からなくて使うと、美味しいパンケーキやソフトケーキを食べられませんね。

パンケーキミックスやホットケーキミックスはプレミックスです。

プレミックスの英語表記は「Prepared Mix」になります。

プレミックスは、小麦粉などの穀類粉と膨張剤と調味料などを用途別にあらかじめ適切な比率に配合した調整粉になります。

プレミックスのことを法制上では「小麦粉調整品」や「穀粉調製品」と呼びます。

プレミックスには、パンケーキミックス・ホットケーキミックス・から揚げ粉などがあります。

業務用のプレミックスは日本国内だけでも数百種類があるとされています。

海外のプレミックスでは「ベイクドケーキミックス」・「トルティーヤミックス」などが知られています。

世界初のプレミックスは、1848年にアメリカで作られた小麦粉・酒石酸・重曹を混合した商品だとされています。

日本の初めてのプレミックスは、1931年に発売された「ホットケーキの素」だとされています。

プレミックスのメリットは経済的・時間的コストを圧縮できることです。

特殊な材料・数多くの材料を買い集めなくてもよくて、計量や配合をする手間も省けます。

プレミックスを使ってレシピどおりに調理すれば、失敗もなく品質の良い料理が作れます。

 

次に、パンケーキミックスのホットケーキミックスの違いを紹介します。

 

パンケーキミックス

 

128837870_o2

 

パンケーキミックスとホットケーキミックスの違いを分かるために「パンケーキミックス」の概要を紹介します。

パンケーキの英語表記は「Pan cake」です。

パンケーキの「パン」はフライパンなどの底の平らな取っ手のついた鍋のことを指します。

パンケーキはフライパンなど鍋全般で焼いたケーキになります。

パンケーキの歴史は古く古代エジプト時代には作られていたとされています。

パンケーキが古代からあったのは、粉・水・燃料・鍋代わりの石器があれば手軽に作れるからです。

パンケーキの材料は、小麦粉・卵・牛乳・ベーキングパウダーがベースになります。

パンケーキの材料に砂糖を加えてスイーツとして食べることができます。

パンケーキの材料に塩を加えて甘さを抑えれば食事として食べることができます。

パンケーキのプレミックスの「パンケーキミックス」はスイーツとして食べられるように作られています。

 

ホットケーキミックス

 

kome2_00072_1

 

パンケーキミックスとホットケーキミックスの違いを分かるために「ホットケーキミックス」の概要を紹介します。

ホットケーキの英語表記は「Hot cake」になります。

日本でホットケーキが知られるようになったのは明治17年(1884年)です。

明治17年(1884年)に、日本の文部省が翻訳して出版した「百科全書」という本に、ホットケーキが「薄餅(パンケーキの訳語)」として紹介されました。

「薄餅」は、大正12年(1923年)に東京・日本橋のデパートの食堂で「ハットケーキ」という名前で登場しました。

「ハットケーキ」が転じて、昭和6年(1931年)に「ホットケーキ」と呼ばれるようになったようです。

ホットケーキの由来はパンケーキです。

ホットケーキの初登場が甘いハットケーキだったので、ホットケーキ=スイーツとして定着しました。

ホットケーキのプレミックスの「ホットケーキミックス」もスイーツとして食べられるように作られています。

 

パンケーキミックスとホットケーキミックスの違い

 

パンケーキミックスとホットケーキミックスは、プレミックスと呼ばれる小麦粉などの穀類粉と膨張剤と調味料などを適切に配合した調整粉になります。

日本でホットケーキと呼ばれるのは、海外ではパンケーキのことです。

プレミックスであるパンケーキミックスとホットケーキミックスの大きな違いは砂糖の量だと考えられます。

パンケーキは朝食などで、ツナをのせたりしてサンドイッチのように食べることができます。

ホットケーキはシロップなどをかけ食べるスイーツです。

パンケーキミックスをスイーツとして食べる時には、砂糖を加えると美味しく食べられます。


PAGE TOP