北海道の珍味めふん(女奮)の味、栄養価、食べ方

Sponsored Link

めふんの漢字表記は「女奮」になります。

めふん(女奮)は北海道の郷土料理です。

北海道旅行に行ったら、鮭料理のめふん(女奮)を味わってみませんか。

めふん(女奮)は栄養成分豊富な食べ物です。

 

次に、めふん(女奮)のこと・めふんの味・めふんの栄養成分・めふんの食べ方などを紹介します。

 

めふん(女奮)

 

45100_1_XL

 

「めふん」の名前の語源はアイヌ語の「腎臓」を意味している「メフル」からきているとされています。

めふん(女奮)は北海道の郷土料理として親しまれています。

料理店などでは珍味として扱われています。

北海道のスーパーマーケットや土産物店では、瓶詰めされて店頭にならんでいます。

めふん(女奮)の材料では、「ぶなざけ」と呼ばれる鮭の腎臓が良いとされています。

「ぶなざけ」と呼ばれる鮭のオスの中骨に沿って付いている血腸(腎臓)を使って作る「塩辛」が「めふん(女奮)」です。

「ぶなざけ」の漢字表記は「ぶな鮭」になります。

ぶな鮭の別名には「ぶなさけ」・「ぶなしゃけ」などもあります。

「ぶな鮭(ぶなざけ)」とは、秋に川を遡上している婚姻色を帯びた鮭です。

ブナの葉の色に似ているからぶな鮭(ぶなざけ)と呼ばれるという説があります。

「ぶな鮭(ぶなざけ)」の腎臓を加工しためふん(女奮)の色は黒く、食感にとろみがあります。

めふん(女奮)は主に酒肴として珍重されています。

めふん(女奮)には、ストレスを回復させる栄養素であるビタミンB12や鉄分が豊富に含まれています。

健康食品としてもめふん(女奮)は注目されています。

次に、めふんの味・めふんの栄養成分・めふんの食べ方などを紹介します。

 

めふん(女奮)の味

 

sakana-3a_8720-5-ffr

 

めふん(女奮)は鮭の腎臓を塩辛にしてあるので、黒色で怪しそうな味の食べ物に見えます。 

めふんの栄養成分ではビタミン類のビタミンB12・ミネラル類の鉄分が豊富です。

めふん(女奮)は見た目は黒いですが、北海道や東北地方の一部では非常に人気のある塩辛です。

鮭をつかった塩辛の深い味を味わってみませんか。

めふん(女奮)は塩辛なので長期間の保存ができます。

時間が経過するほど味わい深くなるという人もいます。 

次に、めふん(女奮)の食べ方を紹介します。

 

めふん(女奮)の食べ方

 

めふん(女奮)は時間が経つほど味わい深くなるといわれる塩辛です。

めふんにはビタミン類やミネラル類などの栄養成分を含んでいます。

めふん(女奮)の一般的な食べ方には“おつまみ”があります。

酒のさかな・ご飯にのせて・お茶漬けなどで食べられることも多いようです。

塩辛が嫌いな人の多くは、めふん(女奮)は苦手のようです。

万人向けの鮭料理とは言えませんが、一度食べてみませんか。


PAGE TOP