緑のじゃがいもは食べられる?食べ方は?皮が変色する原因

Sponsored Link

ジャガイモの芽には毒があることを知っている人は多いですね。

皮が緑色になっているジャガイモには危険性はないのでしょうか。

緑のジャガイモ食べれるか気になりますね。

緑色のじゃがいもが食べられるとしても、緑色がどのくらいになったら食べられなくなるのか気になっている人も多いようです。

 

次に、ジャガイモとソラニン・緑のジャガイモ食べれる・じゃがいもの緑色はどのくらいまで?・ジャガイモの栄養成分・食中毒予防の選び方や保存方法などの紹介をします。

 

ジャガイモとソラニン・チャコニン

 

img52738b3dzikczj

 

ジャガイモの芽や皮には、天然毒素のソラニンやチャコニンが多く含まれています。

天然毒素のソラニンやチャコニンが多く含まれているのはジャガイモの芽だけでなく、芽の根元も含みます。

ジャガイモの皮で、天然毒素のソラニンやチャコニンが多く含まれているのは、光が当たって緑色になった部分です。

ソラニンやチャコニン(カコニン)は天然毒素の一種で、食べると吐き気・下痢・おう吐・腹痛・頭痛・めまいなどの症状を起こすことがあります。

ジャガイモを食べた後に、吐き気・下痢・おう吐・腹痛・頭痛・めまいなどの症状を感じたらすぐに病院での診察をおススメします。

緑のジャガイモ食べれるのか?・じゃがいもの緑色はどのくらいなのか?と考えている人は、皮が緑色になっていたら食べないようにしましょう。

 

ジャガイモの栄養成分

 

potato-free-photo

 

緑のジャガイモ食べれる?じゃがいも皮の緑色はどのくらいなら食べられる?と思っている人は注意してください。

皮が緑色のジャガイモには天然毒素があるので食中毒の危険性があります。

皮が緑色になっていない美味しいジャガイモを食べてください。

ジャガイモには、タンパク質・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維が含まれています。

ジャガイモは、ビタミン類のビタミンC・葉酸やミネラル類のカリウムなどを豊富に含んでいる芋です。

焼く・煮る・揚げる・茹でるなどの幅広い調理法にも対応できる食材です。

 

食中毒予防の選び方・保存方法

 

緑のジャガイモ食べれると考えている人は注意してください。

じゃがいもの緑色はどのくらいならOKと考えている人も注意が必要です。

ジャガイモの芽と芽の根元・緑色の皮のジャガイモは食中毒の危険性があるので食べられません。

ジャガイモを選ぶときには、芽がでている・皮が緑色のものは避けます。

家庭での長期保存は難しいので、ジャガイモ料理をするときにその都度必要な量を購入するのが適切です。

家でジャガイモを保存するときには、光が当たらない暗くて涼しい場所を選びます。

ジャガイモは20℃以上になると発芽や腐敗しやすくなります。

保存は10℃程度のところが適切です。

ジャガイモは冷蔵庫で保存する必要はありません。

ジャガイモを冷蔵保存すると糖の濃度が高くなって、揚げたり炒めたりしたときにアクリルアミドという有害物質の量が増える可能性があるので注意してください。


PAGE TOP