マンダリンオレンジの旬の時期、栄養、食べ方

Sponsored Link

マンダリンオレンジを知っていますか?

マンダリンオレンジはミカン属の柑橘類になります。

果皮が薄く手でむくことができるのがマンダリンオレンジの特徴です。

マンダリンオレンジの原産地はインドのアッサム地方だと考えられています。

マンダリンオレンジは、交雑などで変化しながらアッサム地方から世界各地に伝わったと考えられています。

中国経由で日本に伝わったものから「温州蜜柑(ウンシュウミカン)」が生まれています。

中東を経て地中海沿岸に伝わったものから「地中海マンダリン」・「クレメンティン(クレメンタイン)が生まれています。

モロッコからフロリダに伝わったものから「ダンシータンジェリン」が生まれています。

タンジェリンはマンダリンよりも香りが強く実が大きいですが味が薄い特徴があります。

小型の亜種の「マンダリンダンマリン」が南半球で栽培されています。

マンダリンオレンジの旬や、マンダリンオレンジに含まれる栄養成分などを知りたい人も多いようです。

マンダリンオレンジの食べ方は温州蜜柑(ウンシュウミカン)と同じでしょうか。

 

次に、マンダリンオレンジのこと・マンダリンオレンジの旬・マンダリンオレンジの栄養・マンダリンオレンジの食べ方などの紹介をします。

 

マンダリンオレンジ

 

1200px-Mandarin_Oranges_(Citrus_Reticulata)

 

マンダリンとタンジェリンは、植物学上は同一分類の種に属しています。

成熟した果実の果皮の色が黄色~橙色のものをマンダリンと呼びます。

成熟した果実の果皮の色が橙色~赤色のものをタンジェリンと呼びます。

温州蜜柑(ウンシュウミカン)・ポンカン・デコポン(不知火)などは、マンダリンオレンジの仲間になります。

マンダリンオレンジの特徴は、果皮が剥きやすく酸味が弱く糖度が高いことです。

マンダリンオレンジは生食用に多く消費されている果物です。

漢方で使われている「陳皮」は、「マンダリン」や「温州蜜柑」の皮のことです。

マンダリンオレンジの旬は、輸入され国内に出回る時期になります。

7月下旬~9月下旬頃にかけてが、マンダリンオレンジの旬の時期です。

次に、マンダリンオレンジの栄養・マンダリンオレンジの食べ方などを紹介します。

 

マンダリンオレンジの栄養

 

af58b13c90a91237ef08e5ad79028d06_t

 

マンダリンオレンジの旬は、輸入物が出回る7月下旬~9月下旬頃になります。

マンダリンオレンジに含まれている栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

ビタミン類ではビタミンCやビタミンPが豊富に含まれています。

ミネラル類ではカリウムが豊富です。

ビタミンCには免疫力をアップする働きがあります。

マンダリンオレンジは風邪の予防におススメですね。

食物繊維のペクチンは白い筋と薄皮に含まれています。

マンダリンオレンジの白い筋や薄皮は、便秘で悩む女性におススメです。

次に、マンダリンオレンジの食べ方を紹介します。

 

マンダリンオレンジの食べ方

 

マンダリンオレンジの旬は輸入されたものが出回る時期になります。

マンダリンオレンジ の栄養はビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

マンダリンオレンジの食べ方は温州蜜柑・ポンカン・デコポンと同じく手で果皮を剥いて食べます。

果皮が剥きやすく酸味が弱く糖度が高いマンダリンオレンジは、温州蜜柑のように手軽に食べられます。

マンダリンの乾燥させた果皮を漬け込んで作るリキュールは、マンダリンリキュールと呼ばれています。

マンダリンの果皮を圧搾すれば、マンダリン・オイルという精油が採れます。

マンダリン・オイルは、香料やアロマテラピーで用いられています。

オレンジやグレープフルーツより刺激の少ないマンダリンオレンジの香気は、子供に好かれやすいとしてアロマテラピーで重宝されています。


PAGE TOP