レモングラスの効能、料理での使い方

Sponsored Link

ハーブの芳香成分には心・体・皮膚への効能があると言われています。

レモングラスの効能にはどのようなものがあるのでしょうか。

レモングラスを料理に使う方法も知っていれば役立ちそうです。

レモングラスは、イネ科オガルカヤ属の植物です。

オガルカヤ属には50種以上の種があります。

レモングラスの本種はマレーシアが原産だと考えられています。

イーストインディアン・レモングラスは、インド・スリランカ・ミャンマー・タイ原産になります。

アジア料理やカリブ料理で使われているハーブとして知られています。

東南アジアのタイのスープにもレモングラスが使われています。

トムヤムクンなどの料理の香り付けや、ティーとしてレモングラスが使われています。

レモングラスの精油は、食品・飲料・香水に添加されています。

 

次に、レモングラスのこと・レモングラスの効能・レモングラスを料理で使う、などの紹介をします。

 

レモングラス

 

cymbopogon-272641_1280

 

レモングラスには、レモンの香味成分であるシトラールを含有しています。

レモンのようなフレッシュな風味がレモングラスの特徴です。

乾燥させて粉末にしたり生のまま使われることが多いようです。

レモングラスの精油の芳香には、人の脳を刺激する作用があります。

控えめにならレモングラスの芳香をアロマテラピーに利用することができます。

インドでは、伝統医学・アーユルヴェーダで、伝染病・発熱・鎮静剤・殺虫剤・香料で使われています。

レモングラスの芳香は虫が嫌うので、虫よけスプレーにも使われています。

レモングラスの精油は、潜在的な皮膚感作性が他の精油よりはるかに大きいので肌に使う場合は注意が必要です。

一般的には、マッサージなど外用は行われません。

次に、レモングラスの効能・レモングラスを料理で使う、などの紹介をします。

 

レモングラスの効能

 

0935e51f4b65b9edba91402d7ca2f683_t

 

レモングラスには心・体への効能があります。

心への効能は、香りの刺激が疲れた心に元気を与えます。

スッキリした香りが、感情の流れをスムーズにします。

体への効能では、免疫系・リンパ系・血液や体液の循環に良いと言われています。

食欲不振や消化不良・過敏性腸症候群などにも効果的です。

レモングラスは、鎮痛作用にも優れているので、肩こり・腰痛・筋肉痛を和らげます。

呼吸器系にも良いので風邪や気管支炎の緩和に役立ちます。

レモングラスは刺激が強いので、皮膚へ使用する場合は注意が必要になります。

次に、レモングラスを料理で使う、などの紹介をします。

 

レモングラスを料理で使う

 

レモングラスは心と体への効能が期待されます。

レモングラスは、アジア料理やカリブ料理で使われているハーブです。

レモングラスの主な使い方は、ハーブティ・スープ・カレーなどです。

鳥肉料理や魚料理・シーフードによく合うハーブです。

レモングラスの精油は世界中で多く利用されています。

精油は食品の香料や香水に利用されています。


PAGE TOP