よもぎの旬の時期、栄養価、食べ方。生でも食べれる?

Sponsored Link

よもぎ餅を子供頃に食べた人も多いのではないでしょうか。

よもぎ餅の漢字表記は「蓬餅」になります。

よもぎ餅は、「草だんご」とも言われる和菓子です。

上新粉や白玉粉でつくった餅に、餅草(もちくさ)とも呼ばれる蓬(よもぎ)をつき加えてから、適度な量を丸めた和菓子です。

餅の中に小豆の餡を包むことも多いようです。

子供たちは小豆餡が入っているよもぎ餅を選びますね。

「よもぎ」の若芽には特有の爽やかな香りがあます。

「よもぎ」の爽やかな香りがするよもぎ餅は、春先の和菓子を代表しています。

若芽を摘んでからゆでて乾燥させたものが、スーパーや八百屋さんに出回っていることもあります。

「日本歳時記(17世紀末)」・「本草食鑑(17世紀末)」・「年中定例記(18世紀中頃)」には「ヨモギモチイ」の名称が見られます。

草餅の餅草の材料は、当初は「ハハコグサ」が用いられていたようです。

蓬(よもぎ)に邪気を払う力があり、食べると寿命が延びるという中国思想によって3月3日の節供に用いられるようになったようです。

次に、蓬(よもぎ)のこと・蓬(よもぎ)の旬・蓬(よもぎ)の食べ方・蓬(よもぎ)を生で食べるには、などの紹介をします。

 

蓬(よもぎ)

 

1205b5b1dd8bddf41b83f8b5ff16acda_t

 

蓬(よもぎ)は、キク科ヨモギ属の植物になります。

蓬(よもぎ)は、日本各地の野原や河川の土手などに自生しています。

独特の香りがあり、お灸の「もぐさ」としても有名な植物です。

蓬(よもぎ)は、古くから食用やお灸だけでなく、生薬として漢方で使われています。

漢方では「艾葉(ガイヨウ)」と呼ばれています。

昔から、蓬(よもぎ)は食べる・飲む・浸ける・香りをかぐ・もぐさ、などの万能薬として重宝されています。

日本のハーブとしての蓬(よもぎ)は昔から親しまれています。

ヨーロッパでも、蓬(よもぎ)の近縁種の「ニガヨモギ」・「オウシュウヨモギ」が、ハーブとして親しまれています。

フランスの「アブサン」というリキュールは、ニガヨモギ(アブサン)を使ってあります。

次に、蓬(よもぎ)の旬・蓬(よもぎ)の食べ方・蓬(よもぎ)を生で食べるには、などの紹介をします。

 

蓬(よもぎ)の旬と食べ方

 

44487677_258063681507536_5103422591018104189_n

 

蓬(よもぎ)の旬は春季になります。蓬(よもぎ)を食用にするときは若い芽を使います。

若い芽が採れる美味しい時期は3~5月頃の春季になります。

蓬(よもぎ)を使った主な料理には、よもぎ餅・天ぷら・お浸し・和え物・スープ・魚料理のソースなどがあります。

蓬(よもぎ)を天ぷらにするときは、下茹でにして軽く衣をつけて揚げます。

春の香りを楽しめる蓬の天ぷらは美味しいですね。

蓬を魚料理のソースにしてみませんか。

蓬をペースト状にして生クリームやオリーブオイルと混ぜれば、香りが良いキレイな黄緑色のソースに仕上がります。

次に、蓬(よもぎ)を生で食べる方法を紹介します。

 

蓬(よもぎ)を生で食べる

 

蓬(よもぎ)の旬は3~5月になります。

蓬(よもぎ)の食べ方は、香りを活かした料理がおススメです。

蓬(よもぎ)を美味しく生で食べるなら、新鮮な若芽になります。

蓬の若芽を水にさらしてアクを抜きます。

アク抜きした蓬は、お浸しや和え物などで美味しく食べられます。

沖縄では、沖縄そばの薬味として使っているようです。


PAGE TOP