おかわかめの栄養、効能、食べ方。レンジを使ったレシピなど

Sponsored Link

「おかわかめ」を食べたことがありますか。

サッと茹でて食べると美味しいですね。

「おかわかめ」は、ツルムラサキ科のつる性植物の葉になります。

「おかわかめ」の正式な和名は「アカザカズラ」で、別名には「雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)」があります。

アカザカズラ(おかわかめ)の原産地は、南アメリカの熱帯地域とされています。

アカザカズラ(おかわかめ)は、栄養成分に富んだ食材として注目されています。

アカザカズラ(おかわかめ)は、ツルムラサキ科なので葉に厚みがあります。

葉を触った感じはシットリしていてゴムのような感触です。

生のまま食べると青臭みが感じられますが、サッと茹でると美味しくなります。

「おかわかめ」という名前の由来は、茹でた状態の見た目や食感がワカメとよく似ているからのようです。

 

次に、「おかわかめ」の栄養成分・「おかわかめ」の食べ方・「おかわかめ」のレンジを使ったレシピ、などの紹介をします。

 

「おかわかめ」の栄養成分

 

img_0

 

「おかわかめ」は栄養豊富なので美味しく食べて、健康・美容に役立ててください。

アカザカズラ(おかわかめ)の栄養成分では、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維が豊富です。

ビタミン類では、ビタミンAが他の食材と比べても多く含まれています。

ビタミンAは目の疲れを改善するのに役立ちます。

ドライアイが気になる人はビタミンAの摂取をおススメします。

ミネラル類では、亜鉛・マグネシウムが多いですね。

亜鉛は多くの酵素になる成分です。亜鉛には細胞に新しくつくるのをサポートして傷の治りをサポートします。

マグネシウムは骨粗鬆予防にも効果が期待できます。

次に、「おかわかめ」の食べ方・「おかわかめ」のレンジを使ったレシピ、などの紹介をします。

 

「おかわかめ」の食べ方

 

2017-06-28-16-33-13-e1508424708879

 

アカザカズラ(おかわかめ)の栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

「おかわかめ」は生食もできますが少しの青臭みと苦みがあります。

「おかわかめ」の食べ方は、サッとゆでてクセを軽減させると食べやすくなります。

細かく刻むとヌメリがでてきます。

サッと熱湯を通して水気を切ってサラダにします。

「わかめ」と合わせて海藻サラダにしても良いですね。

下茹でした「おかわかめ」はいろいろな和え物に使えます。

ポン酢をかけるだけでも良いですが、「おかか」や「納豆」と和えるとさらに美味しく食べられます。

「おかわかめ」の天ぷらや炒め物もおススメです。

次に、「おかわかめ」のレンジを使ったレシピなどの紹介をします。

 

「おかわかめ」をレンジ調理

 

「おかわかめ」の豊富な栄養成分を美味しく摂取してください。

「おかわかめ」の食べ方には、サラダ・和え物・炒め物・天ぷら、などがあります。

「おかわかめ」のレンジを使ったレシピには酢の物があります。

「おかわかめ」は電子レンジを使うと、簡単に酢の物ができます。

電子レンジで30秒~1分加熱して、三杯酢に合わせれば完成です。

電子レンジを使って加熱すれば、クセを取り除きながらシャキシャキ感も残せます。


PAGE TOP