ポップコーンは、なぜ膨らむ?ポップコーンの意味と

Sponsored Link

ポップコーンはなぜ膨らむのか、子供から聞かれたらどのように答えますか?

ポップコーンの意味や、ポリコーンとポップコーンの違いなども知っていれば、ポップコーンを食べるのも楽しくなりそうです。

 

次に、ポップコーンとは・ポップコーンが膨らむのはなぜ?・ポップコーンの意味・ポリコーンとポップコーンの違い・ポップコーンの食用以外の使われ方、などを紹介します。

 

ポップコーン

 

3d304afeba2a94b6ae463bd808ddeeb8

 

ポップコーンの英語表記は「popcorn」になります。

ポップコーンは、トウモロコシを炒ったスナック菓子です。

ポップコーンの「ポップ」は、作る時の破裂する音を言語化したものと言われています。

ポップコーンに使われる原料のトウモロコシは、小粒で種皮が固いポップ種(爆裂種)です。

乾燥させたポップ種のトウモロコシの粒を、油やバターをひいたフライパンなどで数分間炒ってつくります。

ポップコーンとして使われるのはポップ種(爆裂種)で、同じトウモロコシでもスイート種では作れません。

ポップコーンが膨らむのは、粒の中の水分が沸騰して膨張するからです。

膨張圧力に耐えられなくなると、固い種皮が弾けてスポンジ状に膨張します。

炒めると中の水分が膨張して種皮が弾けて“ポン”という音を立てて中身がふくらみます。

ポップコーンには、「爆弾」という異名もあります。

ポップコーンの意味は、「はじけたトウモロコシ」です。

英語表記の「popcorn」の意味は「はじけたトウモロコシ」です。

ポップコーンを食べる時には、一般的には食塩・粉チーズ・醤油をかけて食べます。

シロップ・キャラメルソース・バター醤油などの甘い味の調味料や香料をかけても食べます。

次に、ポリコーンとポップコーンの違いの紹介をします。

 

ポリコーン

 

Choclo

 

ポップコーンが膨らむのは、トウモロコシ(ポップ種・爆裂種)の中の水分が膨張するからです。

ポップコーン の意味は、“はじけたトウモロコシ“です。 

ポリコーンとポップコーンの違いの為に、「ポリコーン」の概要を紹介します。

「ポリコーン」は「ジャンボコーン」とも呼ばれます。

ポリコーンに使われるトウモロコシは、ポップコーン作りに使われるポップ種(爆裂種)ではありません。

ポリコーンに使われるトウモロコシは、爆裂種とは別の品種の「ジャイアントコーン」です。

ジャイアントコーンを、圧力窯や穀類膨張機に入れて加熱し、減圧を利用して急激に膨張させてつくります。

ポリコーンを食べる時には、表面に砂糖をかけて食べます。

 

ポップコーンの食用以外の使われ方

 

ポップコーンが膨らむのは、トウモロコシの中の水分が膨張するからです。

ポップコーンの意味は“はじけた”トウモロコシです。

ポリコーンとポップコーンの違いは、ポップ種(爆裂種)のトウモロコシとジャイアントコーンの違いです。

ポップコーンには軽くて、人や物に当たっても傷つけない特性があります。

梱包用の緩衝材として、味付けをしていないポップコーンが用いられることがあるようです。

梱包用の緩衝材として使ったポップコーンは、使用後にはそのまま食用として使用できます。

飼料や肥料として再利用することもあるようです。

ポップコーンの緩衝材は、発泡樹脂製の緩衝剤に比べて緩衝性能が劣ること、カビ発生や虫害のリスクもあります。

タンカーの座礁で漏れた重油を処理する訓練などで、重油の代用として味付けしないポップコーンを使うことがあるようです。

訓練後のポップコーンを回収し損ねても、魚や鳥の餌となるので自然に悪影響を与えることは少なくなります。


PAGE TOP