天然イクラと人工イクラの違い、見分け方

Sponsored Link

イクラ丼や海鮮丼は美味しいですね。

イクラを使った軍艦巻きなどのお寿司は、女性にも男性にも人気があります。

イクラの軍艦巻きは、回転寿司のお店でも人気があるようです。

イクラには天然イクラと人工イクラがあるそうです。

イクラ丼を食べる時に、天然イクラなのか人工イクラを使っているのか、違いが分かりません。

天然イクラと人工イクラの見分け方を知っていれば役立ちそうです。

 

次に、天然イクラと人工イクラの違い・天然イクラと人工イクラの見分け方、などを紹介します。

 

天然イクラ

 

publicdomainq-0009506qwn

 

天然イクラと人工イクラの違いを分かるために「天然イクラ」の概要を紹介します。 

天然イクラは鮭(さけ)の卵のことです。

「イクラ」の語源は、ロシア語の「魚卵」や「小さくて粒々したもの」からきているとされています。

イクラはロシア語で「イクラー」になるようです。

ロシア語での「イクラ」は鮭(さけ)の卵に限りません。

魚卵であれば「キャビア」も「たらこ」もすべてイクラと呼ばれます。

鮭(さけ)の卵のイクラ(天然イクラ)は、筋子の卵巣膜を取り除いて産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けたものを指すことが多いようです。

イクラのことを「バラ子」とも呼ばれることがあります。

日本では、サケ科の卵をばらした物のみをイクラと呼びますが、鮭(さけ)の卵は、ロシアでは「赤いイクラ」と呼ばれています。

「黒いイクラ」はキャビアのことです。

日本での、イクラ(天然イクラ)の一般的な食べ方は加熱加工をしません。

塩漬けや醤油漬けにして食べると美味しいですね。

ロシア式の、イクラ(天然イクラ)の食べ方が日本に伝わったのは大正時代だとされています。

ロシアから伝えられた製法で、保存の利く塩漬けを試験的に製造したのが始まりだったようです。

現在では、やや甘口の醤油漬けが主流になっています。

イクラ丼やイクラの寿司(軍艦巻きなど)として美味しく食べられています。

次に、天然イクラと人工イクラの違い・天然イクラと人工イクラの見分け方、などを紹介します。

 

人工イクラ

 

9b7b89cbc5eee9dea3f98ca71facdc7d_t

 

天然イクラと人工イクラの違いを分かるために「人工イクラ」の概要を紹介します。 

人工イクラは、「人造イクラ」と呼ばれることもあります。

人工イクラは、イクラ(天然イクラ)のコピー食品です。

世界で初めて、富山県魚津市の日本カーバイド工業が人工イクラの生産に成功したとされています。

コピー食品の人工イクラですが、見た目・口当たり・味、ともに天然イクラとほとんど見分けがつきません。

ヨーロッパには人工イクラの技術を応用して、「カプセル」や「スフェリカス」の名前の、調理科学を使った新しい調理方法があるようです。

人工イクラの技術を応用したカプセルの中に、ジュースや粉状の食材などを封入した新たな調理方法などです。

現在では、新たな調理方法が日本に逆輸入されています。


次に、天然イクラと人工イクラの見分け方を紹介します。

 

天然イクラと人工イクラの見分け方

 

天然イクラのコピー食品の人工イクラは、本物との違いを見分けるのは難しいですね。

天然イクラと人工イクラの見分け方には、熱湯をかける方法があります。

天然イクラは熱湯をかけるとタンパク質が変化して表面が白く濁ります。

人工イクラはコレステロール値が低いので、ダイエット食品としての利用も期待されています。

しかし、人工イクラよりも天然イクラの方が安いので、市場に流通することはありません。

回転寿司では人工イクラを使っているなどの風評は誤りです。


PAGE TOP