小松菜の保存方法と栄養 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

小松菜の保存方法を知っていればいつまでも美味しく食べられます。

小松菜はアブラナ科の野菜で、餅菜(モチナ)や冬菜(フユナ)や鶯菜(ウグイスナ)などの別名もあります。

葉茎部分は小松菜として食べますが、花の蕾は菜の花と呼んでいます。

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県といった首都圏で多く生産されています。

現在では大阪府・兵庫県などの関西地域や愛知県などの東海地域や福岡県など九州地域など日本各地でも盛んに生産されています。

小松菜の旬は冬季ですが最近では通年栽培されています。

耐寒性が強いので霜などの強い冷え込みで葉が凍っても枯れることはありません。

小松菜の収穫までの栽培日数は、秋冬まきは80~90日・夏まきは20数日ほどと短くなっています。

小松菜は栄養成分が豊富な緑黄色野菜です。

小松菜の栄養成分にはビタミンA・鉄分・ミネラルがあります。

小松菜は野菜の中ではケールに次いでカルシウムの含有量が高いことが知られています。

小松菜の効能には、貧血・ 肌あれ・風邪予防・高血圧予防・骨粗鬆症の予防・ ガン予防などがあります。

天然のマルチサプリメントを食べて、美肌・貧血・骨粗鬆症を改善しませんか。

 

次に、小松菜の常温・冷蔵・冷凍保存などの保存方法を紹介します。

 

小松菜のマルチサプリ

 

f56m_1151

 

小松菜を上手な保存方法を知れば天然のマルチサプリメントをいつも食べられます。

小松菜に含まれているカルシウム・鉄分含有量はほうれん草の倍以上あります。

小松菜には植物性鉄分(非ヘム鉄)の吸収率を高めるビタミンCも豊富に含まれています。

カロテノイドの一種の「ネオキサンチン」や「イソチオシアネート」が含まれています。

「ネオキサンチン」には抗肥満作用があるので体重抑制に役立ちます。

「イソチオシアネート」には老廃物の排泄促進や白血球の活性化があります。

天然のマルチサプリメントの小松菜を美味しく食べるには上手な保存方法を知ることが大切です。

 

小松菜の保存方法

 

slproImg_201512082343503

 

小松菜の保存方法には常温保存があります。

小松菜は傷みやすい野菜なので早めに食べた方が良いですね。

葉に水分が付くと傷んでいまいますが乾燥にも弱い野菜です。

小松菜の常温保存をするには新聞紙などで包んで冷暗所に立てかけてください。

この時、切り口を濡らしたペーパーで包むと鮮度を保てます。

軽く湿らせた新聞紙で包んでビニール袋に入れて立てて保存すれば3~4日は賞味期限を延ばせます。

 

小松菜の冷蔵・冷凍保存方法

 

小松菜の保存方法には冷蔵保存と冷凍保存があります。

小松菜は常温保存もできますが気温が高い時には冷蔵庫の野菜室での冷蔵保存をおススメします。

軽く湿らせた新聞紙で包んでビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存してください。

長期保存したいときは冷凍保存をおススメします。

冷凍保存するときには、小松菜を固く茹でてから水気を絞ってフリーザーパックやタッパーに入れて冷凍保存します。

 


PAGE TOP