穴子はなぜ安い?アナゴとうなぎのカロリー、栄養、値段などの違い

Sponsored Link

穴子は鰻(うなぎ)に比べて安いですね。

穴子は鰻(うなぎ)に比べてなぜ安いのでしょうか。

アナゴと鰻(うなぎ)の価格の違いは栄養成分でしょうか。

 

次に、穴子(あなご)は鰻(うなぎ)に比べてなぜ安いのか、アナゴとうなぎの違いについて紹介します。

 

穴子(あなご)

 

P019749008_480

 

穴子(あなご)は鰻(うなぎ)に比べてなぜ安いのか、アナゴとうなぎの違いを知るために穴子の概要を紹介します。

穴子(あなご)の漢字表記には「海鰻」もあります。

穴子は、ウナギ目アナゴ科に属する魚になります。

穴子は鰻(うなぎ)によく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用に利用されています。

穴子の種類は多く、30以上の属と150以上の種類が知られています。

穴子は種類によって好みの環境が異なっています。

砂泥底・岩礁域・浅い海・深海等様々な環境に多種多様な種類の穴子が生息しています。

穴子の種類には、マアナゴ・ゴテンアナゴ・ギンアナゴ・クロアナゴ・キリアナゴ・チンアナゴ他多くあります。

日本で穴子という場合は、一般的には浅い海の砂泥底に生息している「マアナゴ」を指すことが多いようです。

穴子は天ぷら・煮物・蒲焼・寿司ネタなど和食には欠かせない食材です。

鰻(うなぎ)に比べて淡白な味覚になります。

鰻(うなぎ)に比べてカロリーが少ないのでヘルシーですね。

穴子にはタンパク質やビタミンA・ビタミンB2・カルシウムなどの栄養素が含まれています。

カロリーは鰻に対して低く、穴子・1に対して鰻は1・5になります。

穴子には鰻に負けないほど豊富なビタミンAが含まれています。

ビタミンAは目や皮膚の健康維持に大切な栄養素です。

ビタミンAには抗酸化作用があるので、アンチエイジングやがん予防の働きも期待されます。

 

鰻(うなぎ)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

穴子(あなご)は鰻(うなぎ)に比べてなぜ安いのか、アナゴとうなぎの違いを知るために鰻の概要を紹介します。

鰻(うなぎ)は、ウナギ科・ウナギ属の魚です。

鰻は世界中の熱帯から温帯にかけて分布しています。

ニホンウナギ・オオウナギ・ヨーロッパウナギ・アメリカウナギなど、世界で19種類が確認されています。

19種類の鰻の中で食用になっているのは4種類になります。

鰻は、高タンパク・高ビタミンAだけでなく、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンD・ビタミンE・DHA・EPA・ミネラル類(鉄・亜鉛・カルシウム・銅)が豊富に含まれています。

縄文時代の遺跡からも食用とされていた鰻は、日本料理の食材としても重要です。

鰻屋と呼ばれるうなぎ料理の専門店も多くあります。

鰻を素材とする料理は多くあり、日本各地で漁が行われています。

各地方独自の食文化によって様々な鰻料理が発達しています。

全般的には鰻料理は「旨い料理」「高級料理」扱いされています。

 

穴子と鰻の違い

 

穴子は鰻に比べてなぜ安いのかは、アナゴとうなぎの違いを知れば納得できます。

穴子は、うなぎ目あなご科の魚です。

一生を海で過ごします。

穴子が鰻よりも多い栄養成分はカリウムとナトリウムです。

鰻は、うなぎ目うなぎ科の魚です。

稚魚は川で生息して産卵時には海に出ます。

鰻の栄養価は高く、脂質・タンパク質・ミネラル類・ビタミン類を豊富に含んでいます。

鰻が穴子よりも価格が高いのは需要の違いだと考えられます。

鰻のほうが穴子よりも人気があるからです。


PAGE TOP