ロマネスコの旬の時期、栄養と食べ方。生でも食べられる?

Sponsored Link

ロマネスコの美味しい食べ方を知っていますか?

ロマネスコの食べ方には生食もあるのでしょうか。

ロマネスコの旬を知っていれば美味しい料理が作れそうです。

ロマネスコはアブラナ科アブラナ属のカリフラワーの一種の野菜です。

未成熟のつぼみと花梗が食用になります。

日本での呼び名のロマネスコはイタリア語です。

ロマネスコのイタリア語表記は「Broccolo Romanesco」です。

分類上はカリフラワーですが、呼び名はブロッコリーですね。

比較的穏やかで微かに甘い芳香を持っています。

花蕾群の配列がフラクタル形状を示すのがロマネスコの特徴です。

色はクリーム色と緑色の中間色です。

ブロッコリーに似た姿で背が高めです。

味はブロッコリーに近く、食感はカリフラワーに近いようです。

 

次に、ロマネスコのこと・ロマネスコの栄養や食べ方・ロマネスコの選び方や保存・美味しい食べ方は生?・ロマネスコの旬などの紹介をします。

 

ロマネスコ

 

4abca034297e56f3660579766a019dba_t

 

ロマネスコの食べ方は、茹でる・煮る・炒めるなどの加熱調理です。

サラダやピクルスなどに調理されることもあります。

調理する前に良く洗います。

花蕾の塊ごとに切り分けて柔らかくなるまで加熱調理します。

ロマネスコは、1990年頃からフランスのブルターニュ地方などで大規模な栽培が行われました。

1993年以降は冷凍品が広く市場に出回るようになっています。

日本でもロマネスコの種子が販売されています。

ロマネスコの形状に特徴があるので人気があります。

日本国内での生産は少ないですが、北海道・宮城県・茨城県・群馬県・千葉県などで生産されているようです。

ロマネスコの収穫は、11月下旬~4月上旬頃になっています。

次に、ロマネスコの栄養や食べ方・ロマネスコの選び方や保存・美味しい食べ方は生?・ロマネスコの旬などの紹介をします。

 

ロマネスコの栄養や食べ方

 

vegetable_romanesco

 

ロマネスコの栄養や美味しい食べ方を知りたい人も多いようです。

ロマネスコは生でも食べられるのでしょうか。

ロマネスコ1株当たりのカロリーは20kcalです。

ロマネスクに含まれている栄養成分はブロッコリーと同じで、タンパク質・炭水化物・脂肪・食物繊維・ビタミン類・ミネラル類などです。

ビタミンCの含有量は野菜の中でも多くなっています。

ロマネスコにはスルフォラファンという成分が含まれています。

スルフォラファンはファイトケミカルの一種です。

スルフォラファンは、発がん性物質の解読作用・ピロリ菌の除去・花粉症の緩和などの効果があるとされています。

ロマネスコは見た目もキレイで、スープや煮込み料理で美味しく食べられています。

新鮮なロマネスコは生でも食べられます。

サラダなどでも生で美味しく食べられます。

加熱調理したロマネスコを裏漉ししてピュレにしてから、牛乳や豆乳と合わせてスープにする美味しい食べ方もあります。

次に、ロマネスコの旬・選び方・保存方法などの紹介をします。

 

ロマネスコの旬

 

ロマネスコの旬の美味しい食べ方を知っていると家族にも喜ばれそうです。

新鮮なロマネスコは生でも食べられます。

美味しい旬の食べ方には生サラダなどもあります。

ロマネスコの旬は11月~4月上旬だとされています。

ロマネスコを選ぶときには、花蕾が固く締まって小さくて色の綺麗なものにします。

先端が茶色に変色していないものを選んでください。

ロマネスコを保存するときは洗わないでください。

洗わないでシッカリと包装して冷蔵庫の野菜室に保存します。

冷蔵庫の野菜室に保存すれば4~5日は美味しく食べられます。


PAGE TOP