ショートケーキのショートの意味。苺、スポンジ、生クリームの理由

Sponsored Link

ショートケーキは美味しいですね、子供から高齢者まで人気のある洋菓子です。

ショートケーキの英語表記は「short cake」です。

ショートケーキの形と定義は国によって大きく異なります。

日本人がイメージしているショートケーキは、英語圏では違う名称になっているようです。

日本人がイメージするショートケーキは、苺などがのせられているスポンジと生クリームが層になっているケーキです。

日本のショートケーキは、英語圏では「レイヤーケーキ」と呼ばれているタイプに似ているとされています。

「レイヤーケーキ」の英語表記は「Layer cake」です。

「Layer cake」は「Layered cake」と呼ばれることもあります。

 

次に、ショートケーキのこと・ショートケーキのショートの意味・苺とスポンジと生クリームの組み合わせ・日本のショートケーキ、などの紹介をします。

 

ショートケーキ

 

PPO_1000maicake_TP_V

 

ショートケーキのルーツは、1588年のイギリスの料理本「イングリッシュズ・クークボーク」に記録されたケーキだとされています。

元々はイギリス式のショートケーキは、スポンジ生地だけではなくビスケット生地も使われています。

ケーキにのせる果物も苺に限定されてなく、リンゴ・オレンジ・レモン・ブルーベリーなど多彩です。

イギリスの植民地として、アメリカがショートケーキ文化を受けた後は、パン・クッキーも生地に使われました。

フルーツ味のソーダジュースを生クリームに入れるスタイルになったようです。

イギリス式とアメリカ式のショートケーキは、日本式のショートケーキと比べると別物のような大きな差があります。

ショートケーキはイギリスおよび英語圏の独自の文化なので、フランス・イタリア・ドイツなどではショートケーキを分からない人も多いようです。

ヨーロッパに広く存在しているイチゴケーキは、苺を使ったケーキのことです。

次に、ショートケーキのショートの意味・苺とスポンジと生クリームの組み合わせ・日本のショートケーキ、などの紹介をします。

 

ショートの意味

 

publicdomainq-0029276ntr

 

ショートケーキのショートの意味にはいろいろな説があります。

・英語表記の「short」の「もろい・サクサクした」に由来しているとする説

・「ショートタイム」の意味だとする説

・短時間で作れるからとする説

・アメリカで「ショートケーキ」と呼ばれる洋菓子をヒントにして作られたとする説

・イギリスのショートブレッドに、イチゴとクリームを挟んだ洋菓子から始まったとする説

・生クリームや苺を使うので日持ちしないからという説

・スポンジ生地の作成にショートニングを使っているからという説、などいろいろです。

 

日本のショートケーキ

 

日本式のショートケーキのルーツは、フランス式やアメリカ式になります。

フランスやアメリカのショートケーキを、日本風にアレンジした洋菓子です。

ショートケーキのことを、カットケーキと混同している人も多くいます。

しかし、ショートケーキの原義には、小さいケーキ(カットケーキ)という意味は含まれていません。

丸型の大きなケーキもショートケーキになります。


PAGE TOP