ビールを水よりもたくさん飲める理由

Sponsored Link

汗びっしょりになる夏の盛りの時期のビールは最高です。

ビール好きの人なら、大ジョッキの700mL程度であれば何杯も飲んでしまうのではないでしょうか。

水をそんなに飲める人はいませんが、ビールはどうしてたくさん飲めるのでしょうか。

ビールをたくさん飲める理由を知っていますか。

なぜビールは水よりもたくさん飲めるのか気になりますね。

 

次に、ビールのこと・ビールをたくさん飲める理由・なぜビールは水よりたくさん飲めるのか・水をたくさん飲めないのは?・ビールのいろいろ、などの紹介をします。

 

ビールのこと

 

Inclined Glass of beer

 

ビールは、日本語表記で「麦酒(ばくしゅ)」になります。

英語表記には、「ビア(beer)」と「エール(ale)」 の2種類があります。

「エール(ale)」の方が古い言葉になります。

ビールは、ビール酵母でアルコール発酵させて作られているアルコール飲料になります。

ビールには様々な作り方がありますが、主に大麦を発芽させた麦芽をビール酵母でアルコール発酵させて作られています。

現在は炭酸の清涼感とホップの苦みを特徴とするラガーが人気です。

ラガーでも特にピルスナーが主流となっています。

ラガーはビールの歴史の中では比較的新しくなります。

世界では、ラガー以外にもエールなどのさまざまな種類のビールが愛飲されています。

ビールの歴史は古く、紀元前4千年紀にメソポタミア文明のシュメール人により作られていた資料が最古とされています。

紀元前4千年紀頃は、大麦やエンマー小麦から作られていたと考えられています。

黒ビール・褐色ビール・強精ビールなどの種類があったとされています。

次に、ビールをたくさん飲める理由・なぜビールは水よりたくさん飲めるのか・水をたくさん飲めないのは?などの紹介をします。

 

ビールをたくさん飲める理由

 

p833-1

 

なぜビールは水よりたくさん飲めるのか気になりますね。

ビールをたくさん飲める理由には、水と違ってアルコールは胃と腸で吸収されるからだという説があります。

水は胃では吸収されないで腸でしか吸収されないので、人が一気に飲める水の量はせいぜい1~1.5L程度という結果が出ています。

ビールだと大ジョッキで3~4杯程度は飲む人がいるので、個人差はありますがビールの方が水よりも多く飲める人がいるというのは確かです。

しかし、胃で吸収されるアルコールはせいぜい5~10%程度なので、残りは小腸で吸収されます。

それにビールの大半は水分なので、水分は胃では吸収されません。

ビールも水と同じく、ほとんどは胃に残ります。

以上から、“アルコールは胃で吸収されるからたくさん飲める”という説は正しくないと考えられます。

定説ではありませんが、水よりもビールの方が多く飲める理由としては、胃から分泌される「ガストリン」いうホルモンの存在があるようです。

 

ビールのいろいろ

 

ビールをたくさん飲める理由には、水と違ってビールは胃と腸で吸収されるからというのがあります。

しかし、なぜビールは水よりたくさん飲めるのかについては、ハッキリとは分かっていません。

定説ではありませんが、胃から分泌される「ガストリン」いうホルモンが影響しているのではと考えられています。

日本の酒税法では、麦芽又は麦を原料の一部とした発泡性の酒類は「発泡酒」としています。

外国産の輸入ビールの中には日本の基準に合致しないために、発泡酒扱いとされる商品もあります。

麦を使用しない発泡性の酒類に「第三のビール」があります。

「ノンアルコールビール」と呼ばれる「ビールテイスト飲料」は、車の運転をする人・アルコール飲料に弱い人・子供たちの飲み物として販売されています。

「ノンアルコールビール」と呼ばれていても、アルコール含有量はゼロではないのがあるので注意が必要です。

酒類に分類されるアルコール1%という基準を下回ってはいても、多くの商品はアルコール分を含んでいます。

「ノンアルコールビール」といっても、未成年者・アルコールに敏感な人・車の運転をする人は控えるように呼びかけられています。

その為、「ノンアルコール」という表現は誤解を招くことから、「ビアテイスト飲料」や「ビールテイスト飲料」に改める動きが進んでいるようです。


PAGE TOP